出会いがない男女の婚活・恋活おすすめ情報と体験談まとめ

出会いレジーナ

婚活

婚活パーティーに行くなら!おすすめの選び方と服装のポイント!

投稿日:

婚活パーティーに行くなら!おすすめの選び方と服装のポイント!

「そろそろ婚活しようかな?」

と考え始めたら、まず1番に思いつくのは婚活パーティーですよね。

でもいざ調べてみると、種類は多いし何を選べがいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか?

何事にも初めが肝心。

初めでつまづいてしまうとモチベーションが上がらず、婚活に身が入らないなんてことも!?

そんな悩める婚活初心者のために、婚活パーティーの選び方や服装のポイントについてまとめてみました。

婚活パーティーに申し込む前に注意すること

手軽に参加できるイメージの婚活パーティーですが、実は注意しておくべきこともあります。

あとで「しまった!」と後悔しないためにも、申し込む前の注意すべきポイントを見ていきましょう。

パーティーは急遽中止になることもある

ほとんどの婚活パーティーでは最低参加人数を設けていて、万が一人数が達しない場合にはパーティー自体が中止になることもあります。

基本的には前日までに連絡が来ますが当日キャンセルが多かった場合など、運が悪ければ当日会場についてから中止の旨がアナウンスされる…なんてこともごくまれにあるようです。

せっかく時間の都合をつけて参加申し込みしたのに、中止になるなんて出ばなをくじかれるようで嫌ですよね。

特に参加条件を厳しくしているものは人数が集まりにくく中止の可能性も高くなるので、なるべく条件が3つ以上指定されているものや、キャンセル率の高い週末の午前中開催のパーティーを避けるといいですね。

主催会社の口コミや過去の実績は必ずチェックしよう

婚活パーティーは「主催会社を選ぶ」ところから始まっているといっても過言ではありません。

今では多くの会社が婚活パーティーを開催していますが、スムーズに進行してパーティーを盛り上げる工夫をしているところもあれば、進行がグダグダだったり、男女の比率に差が合ったり、または募集内容と違っていたなど会社によってパーティーの質はそれぞれ。

どんなに魅力的な内容のパーティーを募集していたとしても、パーティーの質が悪ければカップリング率にも大きく影響してしまうので、せっかくの時間とお金が無駄になってしまうこともあるんです。

そのため気になるパーティーを見つけたら、まずは口コミや過去の実績をチェックしてみること。

もしくは評判の良い主催会社からパーティーを探すという方法もおすすめですよ。

キャンセル時の対応と緊急時連絡先は載っているか確認しよう

急遽行けなくなった、電車が遅れたなど、不測の事態で参加が出来なくなることがあるかもしれませんよね。

パーティーによってキャンセルは何日前まで可能なのか、その場合にキャンセル料はどれくらい必要なのかは変わりますが、だいたいは募集要項に明記されているはずです。

その辺もしっかり確認しておくことで無用なトラブルを避けられるので、万が一載っていない場合は直接問い合わせてみるのも◎。

なかには連絡なしで遅刻するとキャンセル扱いになり今後の参加をお断りされるパターンもあるようなので、当日の緊急時連絡先も知っておくと便利ですよ。

婚活パーティーならなんでも良いわけじゃない?

色んな種類の婚活パーティーがありますが、人には向き不向きがあるように婚活パーティーにも合う合わないがあり、自分に合ったものを選ぶことで成功率を上げることができます。

趣旨は同じでもそれぞれ趣向が違うのが婚活パーティー。

もしも自分に合わないものを選んでしまうと、いくら参加してもなかなか結果は出ないし、そのうち婚活が嫌になってしまうことだってあります。

婚活パーティーは口コミの良さやなんとなく申し込むのではなく、自分の性格や婚活スタイルに合わせて選ぶのが正解。

ということで、次の項目では婚活パーティーのおすすめの選び方を紹介していきます。

婚活パーティーのおすすめの選び方

婚活パーティーの種類は大きく分けて以下の4つ。

少人数制パーティー 10~20人程度 1:1のお見合い形式
中規模パーティー 20~30人程度 自己紹介タイムとフリータイムの2部に分かれる合コン形式
大規模パーティー 40人以上 フリータイムメインの街コン形式
イベント系パーティー

(趣味コン・バスツアー)

20~50人程度 趣旨によって異なる

これらを踏まえて選び方のポイントを紹介していきます。

あなたの本気度はどれくらい?婚活スタイルに合わせて選ぶ

  • 「すぐにでも結婚したい」
  • 「良い人がいれば結婚したい」
  • 「なんとなく婚活始めてみた」

人によって婚活に対する意識はそれぞれ違いますが、例えば今すぐにでも結婚したい人がイベント系や大規模パーティーに参加しても希望の結果は望めません。

なぜならこれらの婚活パーティーは、多くの人と出会うチャンスがある分フィーリング重視の人が多く参加しているからです。

反対に少人数~中規模パーティーは事前にプロフィールを提出しているところもあり、落ち着いた雰囲気のなか行われるので婚活意識が高めな人が多く参加しています。

婚活に対する本気度が高い傾向があるのは、少人数制パーティ>>中規模パーティー>イベント系=大規模パーティーとなるので、自分の婚活スタイルに合わせて選ぶのがポイントです。

知らなきゃ損!各婚活パーティーのメリット・デメリットを理解して選ぶ

どの婚活パーティーにもメリットとデメリットがあり、メリットばかり見て選んでしまうのは失敗のもと。

まずは下の表を見てみましょう。

メリット デメリット
少人数制パーティー ・相手とじっくり会話ができる

・ライバルが少ない

・1度に出会える人の数が少ない

・会話が弾まない場合もある

中規模パーティー ・パーティーの種類が豊富

・参加へのハードルが低い

・ライバルが多い

・スペックがもろに反映される

大規模パーティー ・緊張しづらい

・多くの人と出会える

・参加が気軽な分、本気度は低い

・出会いの質が低め

趣味コン・バスツアー等のイベント系パーティー ・楽しみながら参加できる

・フィーリング重視で出会える

・2人で話すチャンスが少ない

・すぐに結婚まで結びつかない

いかがですか?

客観的に見てみると案外メリットだけではなく、それぞれデメリットもあるんだと気づかされますよね。

これらをしっかりと理解した上で、最も自分に合ったパーティーを選ぶことが攻略の秘訣。

メリットを生かしデメリットを補うことで成功率を高めることができるんですね。

参加条件で選ぶときは自分が有利になれるパーティーを選ぶ

参加条件を限定した婚活パーティーは多くありますが、ただ当てはまるからといって参加してしまうのは×。

例えば女性の年齢が25~35歳限定のパーティーの場合、多くの男性は30代が参加していると理解していながらも、実際は20代をターゲットにしがちです。

それは「若さ」は婚活市場での大きな価値があるからです。

婚活をする以上、なるべく良い条件の人と出会いたいと考えてしまうのは仕方のないこと。

つまり婚活パーティーを自分に有利に運ぶためには、「選ばれる側より選ぶ側になれるもの」を選ぶとカップリングしやすくなります。

年齢なら自分の年齢が下になるもの、年収やスペックなら上になれるものを選ぶことで、相手より優位に立つことができるのでおすすめです。

婚活パーティーに行くときの服装のポイントとは?

婚活パーティーにはどんな服装をしていけばいいのか悩みますよね。

ここでは服装選びのポイントからNG事例までを解説していきます。

基本中の基本!服装はTPOに合わせて選ぼう

開催はいつなのか、どこで開催されるのか、どんな趣向なのかなど、シーン別で選ぶべき服装が異なります。

例えば週末開催のパーティーにいかにも仕事帰りのフォーマルスーツで参加してしまうと、なんだか堅苦しいイメージを持たれてしまうし、ホテルで開催されるパーティーにカジュアルすぎる服装だと周りから浮いてしまい、常識がない人のように思われてしまいます。

社会人としてTPOを意識することは当たり前なことですが、残念ながら婚活というシーンにおいては意外とできていない人が多いポイントでもあるんです。

大切なのは時間・場所・場合(趣向)を考えてチョイスすること。

今ではカジュアルな婚活パーティーも増えてきましたが、ドレスコードが指定されているパーティーもありますので、ギリギリで焦らないためにも事前に確認しておきましょう。

こんな服装はNG!気を付けたい3つのポイント

それでも服装に悩む場合は、「NGなものを避ける」という方法もおすすめです。

  • 高級ブランド品で固めない
  • 年齢不相応なものは着ない
  • 清潔感がない

これらは「婚活パーティーでやってないけない3大NG」ですが、特に気を付けたいのは「清潔感」。

服装や身だしなみというのは自然と結婚生活を連想させるもので、清潔感が感じられない人はと明るい結婚生活がイメージしづらく候補から除外されやすくなるので要注意です。

以下は清潔感を感じさせない服装の代表例として参考にしてください。

  • シミ(汗・食べ物)やシワが目立つ
  • 露出が多め・肌や髪がケアされていない
  • 靴やカバンが汚れている
  • ヨレヨレな服を着ている
  • 古臭いデザインの服装
  • 年齢に合っていない服装
  • サイズが合っていない

清潔感は同時に誠実なイメージも与えてくれるので、婚活という場では「前提条件」ともいえます。

おしゃれにキメる必要はありませんが、ある程度のスタイリッシュさは必要なので、センスに自信のない人は婚活用と割り切ってマネキン買いしてしまうのもひとつの手ですよ。

まとめ

いかがでしたか?

婚活パーティーは「気軽にできる婚活」というイメージが強く、初心者さんでも比較的気負わず参加できるのが嬉しいところでもありますが、成功させようと思うと意外とやっておくべきことは多い!

ただ参加して終わりではなくて「参加して素敵が見つかった!」と近い未来に喜べるよう、ぜひ周到に準備をしてどんどん参加していってくださいね。

-婚活

Copyright© 出会いレジーナ , 2019 All Rights Reserved.