出会いがない男女の婚活・恋活おすすめ情報と体験談まとめ

出会いレジーナ

婚活

婚活バー・シングルズバーの口コミ&評判!東京でおすすめできるところはどこ?

投稿日:

婚活バー・シングルズバーの口コミ&評判!東京でおすすめできるところはどこ?

婚活ブームの昨今、2012年頃から話題になっている婚活バー・シングルズバー。

婚活バー・シングルズバーとは、欧米などの海外発祥の独身の男女が集まるバーのことをいいます。日本にもオープンし始め、一時ブームになりました。

婚活バーと婚活パーティーの違い

婚活をする上で、大切になるのがそれぞれのサービスの違いを理解することです。

特に婚活中の男女に需要がある婚活パーティーと、今回ご紹介する婚活バー・シングルズバーの違いを詳しく解説します。

プロフィールの有・無

街コンや婚活パーティーと違い、婚活バーやシングルズバーにはプロフィールカードなどはありません。

さらに司会などはいないため連絡先を交換するタイミングなどは自分で切り出さないといけません。

婚活バー・シングルズバーと街コン、婚活パーティーは時間制限があるのは共通ですが、全体シャッフルではなく、20分ほど話すと店員が個別に席替えを促しに来るのが特徴です。

婚活バーの会員登録資格

相席居酒屋は身分証の提示や、会員登録などは必要ありません。

それに対して婚活バーは会員登録をしないと入店することはできません。

会員登録の際には身分証のほかに会社の名刺を提出しなければいけません。

婚活バーの会員登録の審査は厳しく、無職の人は男女ともに登録できないようになっています。

また婚活バーは会員登録の基準や、ドレスコートを設けることで質の高さを保っています。

無職の人は会員登録ができないなど会員の条件があることから、ナンパ目的の人やフリーターなどは会員にいません。

身分も分かっており、会員の質が高いので安心できます。

婚活バー・シングルズバーの料金は?

婚活バーの料金は女性が無料か低価格で、男性が女性の分の飲み物の料金を払います。

男性が婚活バーで払う1回分の料金の相場は1~2万円です。

「少し高いかも…」と思われる方もいるかもしれませんが、あまり安いとナンパ目的・ナンパ待ちの人が大半になってしまいますので、会員の質を求めるなら料金が高いのも致し方ないと思います。

また女性は無料なのでお得なのですが、2時間以上滞在しなければ無料になりません。

女性は規則を守れば無料ですが、2時間未満の滞在だとペナルティーとしてテーブルチャージと飲み物代が請求されます。

行った日に男性客が少なくて待ち時間が長くても、この好みでない男性しかなくても、2時間は必ずいないといけません。

婚活バーは男性が高く、女性は条件付きで無料という料金体系です。

婚活バー・シングルズバーの客層

婚活バーの客層は男女ともに30代人が多いです。

婚活バーには、年齢制限が設けられているとこもあります。年齢制限の幅は、女性が20~35歳・男性が20~40歳までのところが多いです。

学生は入れるお店と入れないお店があります。

男女比は2:8くらいで、女性の方が多いです。女性が無料というだけあって男女比はどこも女性の方が多いです。

女性は2時間の間に5人の男性と話せれば多い方です。

しかも女性は待ち時間が多かったり、男女比の均衡を保つのに入店を断られたりするもあります。

女性は効率よく出会えないかもしれませんが、男性はひっきりなしに女性を席に案内されるので、お店の滞在時間が長ければ10人程の女性と話すことができます。

男性は料金が高いですが、かなり有利です。

東京でおすすめの婚活バー・シングルズバー

それでは特に店舗が多い都内での婚活バー・シングルズバーのご紹介をします。

シングルズ・バーグリーン(Green) in六本木

お店の特徴・システム

シングルズ・バーグリーン(Singles Bar Green)は、日本で始めて登場した独身者専用の婚活バーになります。

オープンは2008年3月で、会員数は3万人を超えています。安心安全の完全会員制をとっており、店内は全面禁煙なんだとか。

「グリーン」は、女性の0円婚活を推奨されており、2時間以上の滞在と一般的なマナーを守れる女性の方は無料で案内してくれます。

ただ、場所柄だからでしょうか綺麗な女性が集まるそうなので手強いライバルは多そうです。

けれどもその半面、男性は医者や弁護士そして割りと収入の多い男性の人も多く来店されるそうなので、参加する価値はあると思います。

婚活パーティーに比べレベルの高いライバルが多いと思いますが、男性にとっても参加する価値は十分にあります。

女性は友達と来られている人が多いみたいですが、男性は1人参加も結構あるみたいです。

料金・営業時間・定休日・席数など

  • 平均予算(料金・価格) → 男性:4,000円~11,000円、女性:基本的に無料(2時間以上の滞在が条件)
  • 営業時間 → 火曜日から金曜日の17時45分~23時15分
  • 定休日 → 月曜日
  • 席数 → 56席

オリエンタルラウンジEVE(イブ) in新宿

お店の特徴・システム

全国に11店舗を構えるオリエンタルラウンジグループの新宿店。

開店したのも2016年3月と新しいめの婚活バーながら開店時から話題のお店となり、東京新宿という便利な場所のためか、埼玉・千葉・神奈川という南関東のみならず、旅行で来た地方の女性もわざわざ来店されるとか。

公式HPを見ると、右上に現在来店している男性と女性の人数がリアルタイムに更新されているので、「行ったけど全然相手がいなくてガッカリ…」なんてことが起きないので安心です。

来店客の客層は、男性は20代半~40代前半・女性は20代前半~30代半ばが中心なので、婚活世代ど真ん中です。

相席時は10分600円ですが、1人で飲んでいるときは10分200円とリーズナブルな料金システムもいいですね。

ちょっとした時間潰しで気軽に立ち寄りたい方にも、出会い目的でゆったりと飲みたい方にも、男性のお財布にも優しい料金ではないでしょうか。

お店はなんと240坪で330席もあり、立食だと最大500名も収容可能なんだとか。日本の婚活バー最大級の規模です。

基本的には大人のムード漂う店内なのですが、さらに内装に趣向を凝らしたVIPルームも完備しているので、女性との距離を縮めたいならぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

「オリエンタルラウンジEVE(イブ)新宿」は、男性の1人参加でもカウンターがあるので、そちらでしたら1人の人も結構いらっしゃるようです。

料金・営業時間・定休日・席数など

  • 平均予算(料金・価格) → 男性:4,000円~8,000円、女性:チャージ料500円のみ ※男性・女性ともLINE会員登録でチャージ無
  • 営業時間 → 18時00分~翌5時00分
  • 定休日 → なし
  • 席数 → 330席

ジャズラウンジエンカウンター in六本木・赤坂・銀座

お店の特徴・システム

ジャズラウンジエンカウンター(En COUNTER)は、会員制のジャズラウンジバーです。

店舗は六本木・赤坂・銀座と大人の集う街に3店舗構え、会員同士の巡り逢いの場として毎日多くの出会いが生まれています。

店内ではジャズバンドによる生演奏も楽しめる大人のムード漂う婚活バーです。洗練された雰囲気であるため、女性との会話も思わず弾みます。

また、こちらではグリーン同様に会員制で、会員の権利は全店舗で利用可能だそうです。てだ、お値段は少し高めなので初めて利用される方は、トライアルプランを利用した方がいいでしょう。

各店舗の料金・営業時間・定休日・席数など

  • 平均予算(料金・価格) → 男性:2万円
  • 営業時間 → 六本木:18時30分~翌1時00分、赤坂・銀座:17時45分~翌1時00分
  • 定休日 → 日曜日・祝日

銀座サロン in銀座

お店の特徴・システム

「銀座サロン」は、30代の男女が集まる大人向けの婚活バーです。

入店後はスタッフを介して相席をセッティングしてもらえるようになっており、希望すれば他の異性との相席を続けてセッティングしてもらえます。

銀座サロンは初回来店時にプロフィール登録が必要なため、どんな相手とも安心して出会いを楽しめます。

満席時でない時は時間が許す限りセッティング可能なので、より多くの異性と出会いたい方におすすめです。

料金・営業時間・定休日・など

  • 料金システム → 男性:6,000円(フリードリンク付き)、女性:1,000円(フリードリンク付き)
  • 営業時間 → 21時30分~23時30分
  • 定休日 → 月曜日

入店の際に注意する点として、

  • 来店時は顔写真付きの公的身分証明証が必要。男性は名刺も必要
  • 初回来店時はプロフィール登録が必要

このような事前準備が必要となりますので、来店したいと思った方はお気を付けくださいませ。

銀座300BAR NEXT in銀座

お店の特徴・システム

「銀座300BAR NEXT」はチケットシステムの婚活バーです。

入店後チケットを購入し、カウンターで1チケットと好きなメニューを交換するというシンプルなシステムになっています。

1チケットは300円で、150種類以上のカクテルやフードをリーズナブルに楽しめます。異性との自然な出会いを楽しめる銀座の中でも気軽に入りやすい婚活バーです。

余ったチケットは後日使用できるので、まとめて買って「今日はちょっと飲むだけ…」というスタイルもおすすめです。

料金・営業時間・定休日・など

・料金システム バラ売りチケット(1枚300円/税別、男性3枚以上~、女性2枚以上~)
11枚綴りチケット(3,000円/税別)
※メニュー代以外のチャージ料、サービス料はかかりません。
・営業時間   月~木17時00分~翌2時00分
金・土・祝前日17時00分~翌4時00分
日・祝17時00分~23時00分
・定休日    なし

※注意点
・チケット購入枚数は、男性は3枚~、女性は2枚~となっています。

婚活バー・シングルズバーの口コミ&評判

婚活バー・シングルズバーについての口コミを簡単にまとめてみました。

高評価な口コミ

男性

バーという雰囲気が好きな人なら行ってみるといいかも。

男性

少ない時間の中でわりと多くの人と話せるので色んな方と話してみたい方には効率が良いのではないかと思います。

女性

女子は1人での行動がおすすめ!

女性

女子はお金がかからないので、気軽に行きやすいと思います。

低評価な口コミ

男性

連絡先交換のタイミングが難しいです。

男性

連絡先交換ができても次に繋がらない。

男性

サクラがいるため人を見る目が必要。

口コミでは、おしゃれで尚且つ落ち着いた雰囲気のバーでお酒を飲みながら話ができて良いという高評価な意見が多い中、料金が安いために興味本位や遊び目的で来ている人が多いという低評価な意見も多くありました。

そういった点では男女ともに注意が必要となります。

婚活バー・シングルズバーのメリット&デメリット

最後に婚活バー・シングルズバーに行きたいと思っている方に、メリット・デメリットをそれぞれ解説します。

それでもメリットの方が大きいと思った方は行ってみると成果を得れるかもしれませんね。

メリット

  • 人気がある、流行っている
  • 合コンのようなノリで気軽に参加できるライトさ
  • 料金が他の婚活に比べて安い、または女性はただ
  • それでいてしっかり婚活

などがメリットとして挙げられるかと思います。

婚活パーティーのように予約しなくていいバーもありますし、身分証明証が必要である会員制のバーであるなど、意外にしっかりとした一面もあります。

もちろん独身であることが利用条件です。

デメリット

  • 真剣度が結婚相談所などに比べて低い
  • 婚活パーティーや結婚相談所などに比べるとその後に繋がりにくい
  • 相性が合わない相手とも相席する可能性がある

気軽に参加できる分、その真剣度はやはり低いようですね。

そしてお金がかかるのは男性で、女性はただの場合が多いですので利用客は女性の方が多いようです。

その日によってお気に召す男性がいなかったりして、はずれの日もあるようです。

まとめ

お酒の席ですし、身分証などの本人確認ができるものを提示するお店の方が、どちらかというと安全な気がしますね。

普通のバーでも出会いはあるとは思いますが、婚活バー・シングルズバーは男女それぞれの目的が合致していますので、話が早いかと思われます。

いかがでしょうか、婚活をしてみようかと思っているみなさん、まずは婚活バーやシングルズバーから始めてみては。

-婚活

Copyright© 出会いレジーナ , 2019 All Rights Reserved.