出会いがない男女の婚活・恋活おすすめ情報と体験談まとめ

出会いレジーナ

恋活

彼女の作り方が分からない社会人・学生のための出会いのコツ8選

投稿日:

彼女の作り方が分からない社会人・学生のための出会いのコツ8選

バレンタイン、夏休み、クリスマスにお正月など1年のうちに「彼女が欲しいな~!」とつい考えてしまうタイミングって結構多いですよね。

他にも仕事や勉強で疲れている時や、嬉しいことがあった時にも「こんな時に彼女がいればなぁ・・・」とふと思うこともあるでしょう。

でもなぜか彼女ができない。

「彼女ってどうやって作ればいいんだっけ?」

ここで立ち止まっては前に進めず、空回りしてしまっている男性がほとんどでしょう。

ということでここでは、彼女が作り方分からない学生・社会人に向けて今すぐ使える出会いのコツをいくつか紹介していこうと思います。

彼女ができない原因から探る出会いのコツ4選

彼女ができない原因は、

  • 男性としての魅力不足
  • ただ単に出会いが少ない
  • 出会うための努力を何もしていない

このいずれかのパターンが必ず当てはまります。

じゃあその原因どうやって解決したらいいのか、原因から解決策(出会いのコツ)を考えてみましょう。

1.周囲にいる女性、なぜ恋愛につながらない?

周囲に女性のいる環境ながら恋愛に繋がらない場合、それは単に女性があなたに魅力を感じていないからです。

魅力といってもイケメン・高スペックという外見的な問題ではないのは、周囲のカップルを見ればよく分かるはずですが、まずは下の項目を見てみてください。

  • 自分に自信がなくて頼りない
  • 女性慣れしていない
  • ケチ、またはせこい
  • 共感性が低く、否定的または断定に物事を言う
  • 積極的に女性にアプローチできない&していない

これらは女性が魅力を感じない男性の一例ですが、基本「〇〇しない」の「ない・ない」ばかりで、女性とコミュニケーションを取るにはかなり致命的。

「アプローチしない&できない」に至ってはいわゆる草食系男子ですが、ごく一部の女性からのウケがいいだけで実際は男性からアプローチされたい受け身な女性がほとんどなので、男らしさを感じることができない一因です。

このように内面的な魅力に乏しい男性は、周囲の女性に相手にされにくくなるため、結果的に出会いがない状態を自ら作り出しているんです。

自分に自信をもつ、積極的にアプローチするなど、少しづつ「ない」を「ある」に変えていくように意識するだけでも、女性に与える印象は大きく変わります。

まずは自分について客観的に判断することから始めましょう。

2.出会いがないなら分母を増やして確率を上げよう

周囲に女性が少ない環境、または好みのタイプがいない場合、新たにコミュニティを広げて出会いの数(分母)を増やしてとにかく多くの女性と仲良くなることが急務。

社会人なら、

  • 街コンや合コンに参加してみる
  • 趣味を見つけて社会人サークルに参加してみる
  • スタンディングバーや相席居酒屋で出会いを探してみる

学生なら、

  • 同世代の多いアルバイトを始めてみる
  • 女性も多く参加するサークルに入ってみる
  • オフ会や合コンに参加してみる

この他にも気軽にマッチングアプリを使ってみるという方法もあります。

どの方法も即効性はありませんが、行ってみるだけ(やってみるだけ)でも女性と交流するという目的は達成できるので周囲に女性のいない男性には特に効果的です。

「手あたり次第」と言うとイメージは良くありませんが、できるだけ多くの女性と仲良くなることで出会いの確率をあげる「数打ちゃ当たる」精神でやってみると、結果的にうまくいきやすくなります。

3.出会いたい相手像や希望を絞ると出会いやすい

「とにかく誰でもいいから彼女が欲しい」と考えていても、実際その場になってみると「〇〇はな~、ちょっとな~。」な女性に対する選定が厳しくなることがあります。

今の時点で「〇〇な人と出会いたい」「〇〇が好きな人がいい」という相手像があるなら、不特定多数の人が集まるものではなく相手像に近い女性と出会える場所へ行くと効率的です。

例えば料理好きで可愛い感じの子と出会いたいなら、料理教室や料理好きを集めたイベントや街コンを。

音楽の趣味が合ってノリの良い子なら、クラブやオフ会をという感じに希望=出会いの場を一致させましょう。

そしてもちろん自分自身もそれに見合った立ち振る舞いや人間性を身につけなければいけません。

それは「自分にとっての出会いが相手にとっての出会い」にならなければ、何をしても無意味だからです。

4.彼女を作るために最も必要なものは時間を作ること

残念ながら即効性のある彼女の作り方というのは実質存在しません。

  • 出会いを増やすのにも
  • 自分磨きをするのにも
  • 女性と仲良くなるにも
  • 彼女を作るためにも

何をするにしても「出会いのために使える時間」は必ず必要になります。

それこそ女性とは付き合うまでの間が最も大変で時間がかかるので、「仕事や学業で忙しいし、そのためにわざわざ時間を作るのは難しい!」と考えているうちは、彼女を作るのは正直とても難しいでしょう。

出会いに使える時間を確保しているのとしていないとでは、出会える量や出会える質はガラリと変わってしまいます。

自分にとって良い出会いを見つけたいなら、時間は見つけるものではなく意識して作るものと覚えておきましょう。

彼女を作るための出会いのコツ2選 学生編

ここからは学生向けに出会いを作るコツと増やすコツを紹介していきます。

1.すでに知り合っている人ではなく、これから知り合う人を狙ってみる

よく出会いは初めが肝心と言いますが、女子の脳はまさにその通りで出会った瞬間に恋愛対象になる男か、そうでないかを判断しています。

恋愛対象に入ればシチュエーションやタイミング次第で恋人候補になるチャンスがありますが、恋愛対象外のレッテルを張られてしまうと、相当な努力をしない限りアプローチをしても無駄に終わります。

自分では今どのポジションにいるかは分からないので、可能性を高めるためにすでに知り合っている女子よりもこれから新たに知り合う女子を狙うのがおすすめ。

特に学生は意識していない偶然の出会いの数は非常に多いです。

同じ授業、ゼミ・サークル、行きつけの食堂でもなんでも、よく見かけるけどそういえば1度も話したことがないという女子がいれば、どんどん積極的に挨拶や軽い雑談を振ってみるといいでしょう。

2.少しでも気になる女子がいるなら臆せずデートに誘ってみる

実は女子は男子が思っているほどデートに対して抵抗がなく、好きじゃない男とでも気軽にデートできてしまいます。

もともと女子は男子に選ばれたいという承認欲求が強く、特にこの年代の女子は自分の見栄や体裁を彼氏で繕うことも多いため、よほど嫌われていない限りタイミングや誘い方次第ですんなりOKをもらえることも。

ただしデートをOKしてもらえたからといってこの先どうにかなる保証もなければ、デートの結果次第ではダメになることもありますが、それでもデートをすることで自分に対して興味を持ってもらう機会ができます。

こういうことがきっかけで関係が深まることは普通にあるので、まずはあまり気負わずイベントや新作映画を口実に誘ってみるのもいいし、いきなり長時間のデートはハードルが高いなら授業の後に軽くお茶や食事でもいいでしょう。

彼女を作るための出会いのコツ2選 社会人編

ここでは社会人向けに出会いを作るコツと増やすコツを紹介していきます。

1.職場の女性と関係を発展させたいなら「男」になれ

恋愛関係に発展しないのはそもそも関係が「男女の関係」ではなく「仕事の同僚」から始まっていることで、ただ普通に接しているだけでは「それ以上でもそれ以下」にもならないことが原因です。

それ以上の関係に発展させるなら「ただの同僚」ではなく「ひとりの男」として認識してもらう必要があります。

  • こまめに顔を合わせる機会を増やす
  • 短時間&世間話でもいいので会話をする
  • 会話の中でさりげなく相手を褒める
  • それとなく仕事のサポートを申し出る
  • 職業上の喜怒哀楽(特にストレス面)に共感&共有する
  • 仕事帰りに食事に誘ってみる

これらは仲良くなるための手段のひとつでしかありませんが、ただの同僚とひとりの男との境界線は相手女性との距離感が非常に重要なので、近くなればなるほど有利になります。

職場に限らず「男」としての存在感を出せれば自然と恋愛は生まれやすくなるので、まずは相手の最有力候補になろうとするのではなく、スタートラインに立つことを考えて行動してみましょう。

2.出会いにつながるお金はケチってはいけない

実質0円で出会いを探せる職場が期待できない場合、飲み会や恋活系イベントに参加したりマッチングアプリを利用してみたりなど、どうしてもある程度の金銭的な負担が発生します。

学生時代と比べて収入が安定している人もいれば、意外と自由になるお金が少ない人もいるでしょうが、ただでさえ出会いの少ない社会人はお金をかけずに彼女ができると思ってはいけません。

逆に言うとここをケチってしまうと偶然の出会いなんてそう簡単にあるわけないので、出会いを見つけるのはさらに難しくなります。

例えば飲み会やイベントに参加するにしても参加費は必要だし、1か月数千円で利用できるマッチングアプリでも、女性に会うとなれば食事を奢ってあげなければいけない時もあります。(むしろ奢らないと次に繋がらない可能性大)

男性が全ての費用を負担する必要はありませんが、女性は男性の懐事情が気になるのはもちろん、自分のためにどの程度お金を使ってくれるかどうかも重要視するので、無理のない範囲で出会いに使えるお金は確保しておくといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

出会いとは少しの勇気と緻密な戦力あってこそですが、行動すれば必ず何かしらの出会いがあります。

一握りのイケメンでない限り努力なしで彼女は作れません。

今出会いに困っているなら「いつか」「きっと」に期待せず、前向きに出会いを作る&増やすことに集中しましょう。

-恋活

Copyright© 出会いレジーナ , 2019 All Rights Reserved.